*桜桐学院は 幼児早期教育のパイオニア 
  
桜桐学院は、東京こども教育センター・盛岡ナーサリーとして創業(昭和50年(1975))以来、岩手県内外の早期幼児教育のパイオニアとして頑張っております。
 
 *全国レベルの学力を育てることに力を注ぎ、首都圏からの転勤の方々にも支持されています。
 *親身になって指導
 
 *個別指導の元祖  開設以来、徹底した一対一の個別指導をしています。 
    
講師陣は、保育士免許・幼稚園免許・小中高学校免許・特殊教育免許等の教員資格所持者で、豊富な経験をもとに親身になって指導に当たっております。 
 ☆ 桜桐学院名称の由来
 盛岡市の中心部、旧制盛岡中学校(啄木、賢治の母校)跡地に、国天然記念物「石割り桜」があります。
 大石の狭い割れ目に芽生えた桜の一粒の種が、その上にのしかかる大石を物ともせず、わずかな石の割れ目から力強く成長し、数百年間、美しい花を咲かせ続ける石割り桜。
 苦悩に耐え抜き自己の本分を全うするこの桜を、市民は愛情をもって慈しみ,誇りにしています。  
 桐は、岩手県の県花です。
 昔、子どもが生まれると、自分の屋敷に桐の木を植えました。成長が早く,
真っすぐに素直に育つ桐。子どもの成長もそうあって欲しいという親の願いが込められていました。 やがて愛娘が嫁ぐとき、桐は立派なタンスになって一生の宝となりました。    
 桜桐学院の“桜”と“桐” これに由来します。
   限りない愛情に育まれながら、自己の能力を自ら力強く伸ばしていける子ども、その子を取り巻く全ての人々に愛される子ども。そして、人生の王道(桜桐)を堂々と歩める子どもを、両親と一緒になって育てていきたい。 このような願いを込めて『桜桐学院(おうどうがくいん)』と命名しました。 H2.12/10.  
このページの上に戻る 
桜桐学院  沿革史概略
昭和49年度 S.49年(1974)12月 〜
 50年1月
玉川溥子(桜桐学院 主宰)
 「幼児教育ヨーロッパ諸国視察」
・幼児教育視察団の一員として、全国の幼児教育者60余名と共に、ヨーロッパ諸国を3週間にわたって視察。
 モンテッソ−リ教育と幼児の個性を伸ばす個別指導システムに感銘する。帰国後、それまでの幼児教育職18年間の経験を生かした、新しい幼児教育施設の開設準備を始める。
昭和50年度  S.50.10./02 東京こども教育センター教室
「盛岡ナ−サリ−」開室
* 千葉県以北では第1号ナーサリー (盛岡市北山の自宅で開室。)
S.50.11/01 荒川ビル4Fに移転。 ・荒川ビル4F(上田4丁目)の1室(6畳)に移転。会員数50名を越す
昭和52年度 S.52. 4/10 桜幼稚園3F に移転 ・桜幼稚園3F(若園町)の1室(34畳)に移転。会員数250名を超す
昭和53年度  S.53. 4/05 「小学生クラス」を開設 ・幼児クラスを終了した子どもをさらに伸ばすために開設する。
昭和54年度 S.54. 4/06 「菜園教室」に移転。
「中学生クラス」を開設
・盛岡市菜園のビルに移転する。
昭和58年度 S.58. 5/ 1 「上堂教室」開設 授業開始  ・上堂教室開設 授業開始
 S.58. 9/ 1 「上堂幼児園(託児」)開設 ・上堂幼児園(託児)開設。上堂教室に併設。
平成 2年度 H.2.12/10 「桜桐学院」と改称 ・東京こども教育センター教室 「盛岡ナ−サリ−」を、「桜桐学院」と改称
平成 7年度 H.8. 1/ 20 「神明教室」に移転 ・「菜園教室」神明町に移転。
平成 9年度 H.9.11/05  「神明幼児園」を開設 ・託児部門「神明幼児園」を神明教室に併設。
平成15年度 H.15. 5/01
・H.15. 6/1 
「天神教室」に移転
「上堂教室」を現在地に移転
「神明教室」を、天神町8−25に移転。
・「上堂教室」を上堂3丁目11−9に移転
平成27年度 H.27.4/01
「上堂教室」を一時休室
現在に至る {
  学習部へ 保育託児部へ
 盛岡市保健福祉部地域福祉課の指導による掲示              2019.04.01...現在

                   施設及びサービスに関する内容の掲示

        ・施設の名称       桜桐学院 (おうどうがくいん)  天神教室
        ・施設の管理者の氏名   主宰  玉川幾麻 (たまかわ いくお)

        ・業務内容  乳幼児から小中学生までの知能開発、学力向上。それに伴う保育託児、学童保育。

        ・建物、その他の設備の規模及び構造
               天神教室:木造二階建て 集合住宅 (盛岡市天神町8−25 A-201  (019-652-4027))
               
        ・事業を開始した年月日  昭和50年(1975) 10月 2日
        ・開所している時間     原則として、8:30〜18:30 (保育託児部は、年中無休、24時間対応)
        ・入所定員           授業単位毎 幼児・小学生クラス 各 10名
        ・保育士の配置数      保育士 2名      
        ・保育する乳幼児に関して契約している保険の種類、保険事故及び保険金額
                        東京海上日動火災保険(株) 塾総合保険
                          死亡、後遺障害 100万円、入院日額 1,000円、通院日額 500円、
                          事故賠償責任てん補限度額 1事故あたり 2,000万円、 他

        ・提携する医療機関の名称、所在地及び提携内容
                        寺井小児科医院 (山王町1−9) (019-623-8249)
                        さかもと整形外科 (天神町11−3) (019-623-8555)
        ・緊急避難所は,岩手大学附属小学校
                       管轄交番(盛岡東警察署) 加賀野交番  (019-624-5396)
               
                ・利用者からの苦情を受け付ける担当職員の氏名及び連絡先
               桜桐学院  主宰 玉川幾麻  (019-625-4027)
                       自宅:盛岡市上堂3丁目11−9(019-645-0074)
このページの上に戻る 
トップページへ
 桜桐学院 ご紹介 
 <トップページ>  <保育託児部> <学院紹介>    <桜桐学院ご案内 PDF> 
 <学院家庭通信>  <学習部>へ  <天神教室の場所>